tDCS 国産機器 無料体験、レンタル、購入 出来ます

「 tDCS 」をネットで検索すると、理化学研究所他沢山の研究結果が報告されています。NHKサイエンスZEROでも放送されました。ところがこれまでは、「試してみたい」と思ってネット検索してみても、米国から輸入された機器が販売されているぐらいで、国産はないし、勿論体験や購入も不可能状況・・・? 。


 ご安心ください。国産tDCS機器は、あります。しかも、①1980年から2000年まで国内三カ所のクリニックで延べ20万人の治療に使われた「JPJCシステム」の改良版だから安心で、更に②家庭用にコンパクト化された優れもの。その家庭用 tDCS 機を④脳力回復支援センター ( 亀有駅北口徒歩7分 ) に申し込めば無料で体験でき、⑤短期間のレンタルや、⑥購入するも出来るのです。( 注 下線が引かれている語句をクリックすると、その頁に移動出来ます )



脳力回復支援センター  〒120-0003 足立区東和2ー3ー2 1F

☎080-5189-1072 tDCS研究室 室長 久慈修司  メール    kuji@sirius.ocn.ne.jp


*体験要領

1. 下記カレンダーから開館日 ( 開 ) を選んで

2. お電話もしくはメールご予約日時をご確認下さい。

3. 初回は亀有駅到着後 080-5189-1072 へお電話下さい。迎えに出ます。

  迷って時間がずれるよりもベターですからご遠慮無用です。

脳力回復支援センターでは、西洋医学で行っているtDCS 研究が文字通り頭蓋骨を経て ( transcranial ) の「脳への電気刺激」に留まっているのに対して、東洋医学の経絡刺激をも取り入れております。具体的には、うつとか色覚異常や老眼・眼精疲労にはこめかみ花粉症や慢性鼻炎・鼻かぜ初期には鼻と後頭部頭痛なら後頭部等々身体の部位に応じた通電をお進めしてます。脳力回復支援センターでは、身体脳神経の体内電流の流れを良くすると同時に、血流を改善することが大事と考え、高麗人参商品も取り扱っております。




 本HPの内容については適宜 「 景表法 」 について研修を行い、外部機関のチェックを受けるようにしています。表示等管理担当者は久慈修司が兼務しており、景表法に違反する恐れがある事案が発生した場合は、必要に応じて行政機関に相談しています。HPの内容詳細はHPからのメール、お電話080-5189-1072、Fax 03-6662-4660 でお気軽にお問い合わせ下さい。